1. ダイエット取材班
  2. ダイエットティー
  3. ≫青の花茶の口コミ【痩せない】って本当?効果的な飲み方が重要!

青の花茶の口コミ【痩せない】って本当?効果的な飲み方が重要!

1日1杯でムリなくスリムをめざす、見た目もオシャレでメディアやSNSでも大人気の青の花茶の口コミや効果、飲み方を紹介します。

青の花茶を飲んでも痩せないっていう噂を聞いたけれど…

2017年4月に発売された青の花茶は、その鮮やかなブルーとダイエット効果が話題になって、爆発的な人気になっています。

「痩せた」「効果があった」という口コミの中で、「飲んでも痩せない」とか「逆に太ってしまった」という口コミもちらほらみえます。

その人たちの口コミをよく読んでみると、共通していることがありました。それは、

  • 1~2週間しか飲んでない
  • 激やせを期待してる
  • 食べる量が増えた

などです。1週間に2~3回しか飲んでない人もいました。青の花茶は、毎日1杯飲み続けて、最低でも1ヵ月は続けないと効果はでてきません。

さらに、青の花茶は、飲んだら脂肪の吸収を阻害したり、脂肪の燃焼をうながすようなタイプのダイエットティーではありません。それを勘違いして、今まで以上に多く食べることをすると、太ってしまうなんてこともありえます。

青の花茶は、ストレスをなくすことでダイエットの効果を高めていくというダイエットティーです。

ストレスをためながらダイエットを続けると、身体が危険だとカン違いして逆に脂肪をためてしまうといわれています。おおくのダイエット方法はストレスをためがちなので、実は、それがダイエットが成功しない理由のひとつなんです。

そのストレスを青の葉茶でためないことで、質のよい睡眠をとることができてダイエットにつながっていきます。

青の花茶の成分と効果とは

青の葉茶の成分は、5つあります。

  • バタフライピー
  • 甜茶
  • アマチャヅル
  • メグスリノキ
  • ラフマ

一つずつみていきます。

バタフライピー

バタフライピーとは、美容大国タイではポピュラーな植物で、蝶ににた青い花をつけるマメ科の植物で、タイでは「アンチャン」とよばれています。

タイでは、青い花をジュースやお茶、料理、せっけん、シャンプーなどに利用されていて、色からもわかるように「アントシアニン」がおおくふくまれています。バタフライピーにふくまれるアントシアニンは、ブルーベリーの約4.2倍もふくまれています。

アントシアニンの効果は

  • 眼精疲労の低下
  • 抗酸化作用(アンチエイジング)
  • 血行促進
  • 美白(メラニンの沈着抑制)

などが報告されています。レモンなどのふくまれるビタミンCよりも安定しているもので、女性にとって大敵のシミ、しわ、たるみ、などをつくる活性酸素に対抗する効果がたかいです。PCやスマホなどをみる機会がおおい現代の女性には、うってつけのものです。

甜茶

甜茶は、中国茶の一つで、バラ科の植物からつくられるお茶です。昔から漢方薬としてしたしまれてきています。甜茶にはルブソシドというものがふくまれていて、砂糖の75倍から100倍ものあまさがあります。ルブソシドは砂糖とはちがって血糖値を上昇させず、からだにたくわえられませんので、ダイエットしてる人にはとてもありがたいお茶です。

アマチャヅル

アマチャヅルは、多年生のツル科の植物で漢方薬として古くからもちいられているものです。日本でもアマチャヅル茶として、一時ブームになりました。

アマチャヅルには、薬用ニンジンや大豆、黒豆、ゴボウなどにふくまれるサポニンが入っています。アマチャヅルには、薬用ニンジンよりも多い70種類以上のサポニンがふくまれていて、ストレスをためこまず、動脈硬化やがん予防にも効果があるといわれています。

ラフマ

ラフマ(羅布麻)は、中国原産の植物で、むかしから薬草として利用されていました。葉は、羅布麻茶、燕龍茶(ヤンロンちゃ)として利用されていて、日本でも発売されています。ケルセチンなどのフラボノイドをおおくふくんでいて、リラックス効果や快眠効果があって、こころの安定につながるといわれています。

メグスリノキ

メグスリノキは、日本だけに自生する珍しい植物です。名前の通り、むかしから目薬として利用されてきました。最近では、利尿効果や動脈硬化の予防などの効果があるといわれていて、デトックス効果が高いです。

青の花茶には効果的な飲み方あるんです。

青の花茶の飲み方を紹介します。

  1. ティーポットやティーカップに1パック入れる
  2. 沸騰したお湯を入れる
  3. ティーポットは、2~5分、ティーカップは1~3分蒸らす

アイスの場合は、ティーバッグを取り出してそのまま冷やせば大丈夫です。ティーバッグを入れる時間によって、ブルーの濃さが変わってきますので、お好みに応じて時間を調節してください。タンブラーやボトルにティーバッグを入れっぱなしでも、渋みやえぐみが出にくい独自処方を採用しているので、朝作って、職場に持っていくのもアリかもしれません。

1ティーバッグで1Lまで出すことができますが、表示してある栄養成分を出すのは、150mlのお湯、水です。

ゼロカロリー、ゼロシュガー、ゼロカフェインなので、いつでも好きなときに飲めますが、仕事の休憩時間、夜寝る前、小腹がすいたときなどに飲むとより効果的です。

ダイエット効果を高める飲み方は、毎日1杯は必ず飲むことと、最低1ヵ月の間、毎日飲み続けるということです。

青の花茶の口コミや評判は?

青の花茶を飲まれた方の口コミや評判です。

※すべて青の花茶公式サイトより引用させていただきました。

#夕方になっても脚がおもくならない!

青いお茶って初めて見たから最初は驚きでした。すっきりした甘さで本当においしい。会社できゅ系時間に飲んでいます。夕方になっても足が重くならないのがうれしいです。(32歳 桜井杏里さま)

#無駄な間食をしなくなりました!

甘いものが欲しくなったらこれを飲めば、お菓子を食べなくても気がすむんですよね。間食をしなくなったら1ヵ月で4kg減!ストレスなしで、ラクラク痩せちゃいました。(41歳 北里麻美さま)

#ノンカフェインだから寝る前も安心

ダイエット中で夕飯を減らしてると、寝る前におなかがすいちゃうことも。『青の花茶』は甘くて満足感があるし、青い色でリラックス効果も。寝る前でも安心して飲めます。(29歳 佐藤梨花さま)

#バッグに入れて持ち歩きにオススメ!

これを透明ボトルに入れて持ち歩くと楽しいですよ~♪「それ何!?」って驚かれるし、これがあれば友達がお菓子を食べていても平気。ガマンなしで1ヵ月で3kg痩せました。(23歳 秋元紗恵さま

青の花茶の購入方法と価格は?

青の花茶をどこで購入したらお得なのか、アマゾン、楽天、公式サイトを調べてみました。

アマゾンでは取り扱いがありませんでした。「タイ花茶」「バタフライピー青花茶」などはありましたが、輸入食材を扱ってるお店ばかりでした。

楽天では、1軒だけ取り扱いがありました。「COSME GARDEN」と言うお店で、30包入りで7,138円(税込、送料別)でした。

公式サイトでは、通常購入とラクトクコースという定期購入がありました。

通常購入は、税抜、送料別で

  • 1袋 5,680円
  • 2袋 10,792円(5%off)
  • 3袋 15,336円(10%off)
  • 5袋 24,140円(15%off)

1袋は30包入りで1か月分です。

ラクトクコースは、毎月自動でお届けするコースで、最低4か月は続けないといけないものです。ただ、多くの人は3か月くらいから目に見えて効果が出てくると話されていますので、金額的にもかなりお得になっています。

金額は、税抜で、

  • 1回目 980円
  • 2~4回目 4,580円
  • 5回目以降 4,580円

この金額で、なんと送料無料です。さらに、5回目以降は電話1本で休止、再開することができますし、定期購入の特典として、30日間の返金保証付きです。万が一、体に合わないことがあっても、安心です。

通常購入だと4袋頼むと、21,016円と送料がかかりますが、ラクトコースなら送料無料で14,720円で購入することができまのでかなりお得になります。なので、お分かりになると思いますが、数量限定になっていますので、お早目に頼まれることをおすすめします。

さらに、最終製品を一般財団法人日本食品分析センターで検査されていますので、内容に関しては、安全安心です。

このような特典、品質保証が付いてくるのは公式サイトだけですので、こちらの公式サイトからお求めになることをおすすめします。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする