1. ダイエット取材班
  2. 着圧レギンス
  3. ≫パエンナスリムレギンスの口コミ【耐久性や洗濯】効果的な使い方も紹介!

パエンナスリムレギンスの口コミ【耐久性や洗濯】効果的な使い方も紹介!

2017年10月に発売されて、すでに15万着以上も売れてるという「パエンナスリムレギンス」。

「ダイコン」と呼ばれて悩んでた女子たちが、寝てるあいだに履くだけで脚がすっきりしてきたと大評判で、爆発的に売れてます。「パエンナスリムレギンス」は、ただ締め付けるだけでなく、ツボを刺激したり、骨盤のゆがみを直すサポートをすることで、下半身のむくみをとって代謝をアップさせるサポートをしてくれます。「パエンナスリムレギンス」を履いたひとの口コミや正しい使い方、最安値で購入する方法などを紹介します。

パエンナスリムレギンスの口コミ

パエンナスリムレギンスを履かれた方の口コミや評判です。

※すべてパエンナスリムレギンス公式サイトより引用させていただきました。

Oさん(19歳)からの口コミ

東京都のお住まいの大学生Oさんからの口こみです。

元バレー部で足が太いのが悩みでした。こんなにスッキリして本当にうれしい!

Oさんは、バレー部をされていたということで筋肉質の足をされていました。パエンナスリムレギンスを履くことで、よりいっそう脂肪の燃焼が進んでスッキリになられたようです。

Eさん(40歳)からの口コミ

岡山県にお住いの栄養士のEさんからの口コミです。

寝るときに履くだけというのが本当に楽です。体重が5kg減っていたのには驚きです。

寝るときに履いていただけで、体重が5kgも落ちたということです。代謝がよくなって、からだの中にたまっていたものが少しずつ外に出ていって、健康になったんだと思います。

Kさん(28歳)からの口コミ

山梨県にお住いの保育士のkさんからの口コミです。

太ももに隙間ができたんです♪この感動判るひと多いと思います!

Kさんは保育士ということで、日ごろから走ったり動き回っていてかなり筋肉質だったということです。脂肪を減らすには、筋肉のサポートが必要なのですが、パエンナスリムレギンスを履くことで、よけいにその効果が高まったのではないでしょうか。

Bさん(34歳)からの口コミ

山口県にお住いの会社員Bさん空の口コミです。

たった1日履いて寝ただけで翌日ジーンズがするっと履けました!

たった1晩履いて寝ただけで、効果を実感されたということです。Bさんは会社員ということで、ずっと座りっぱなしの仕事をされていたので、下半身の代謝がそうとう悪かったのではないでしょうか。夜の間に処理できない分を、翌日も同じように座りっぱなしにしてることで、悪循環になっていたんだと思います。なので、ちょっとしたサポートで劇的な変化が訪れたのではないでしょうか。

効果的な正しい使い方

パエンナスリムレギンスは、夜寝てる間に履けばよいと公式サイトには書かれていました。さらに、たかい効果が欲しければ、「ストッキングなどのかわりに昼間も履くと良い」とかかれていました。

口コミを見てると、たしかに効果がでてるひとはおおいですし、累計15万着も売れているということでかなりリピートがある商品なので、何も言わずに履けばいいんじゃないかとおもいます。

ただ、履いて寝るだけで、なんでそんなに細くなるの~?って疑問がでてきませんか?もしかして、いまはやりのステマだったり、誇大広告なんじゃない?って、わたし、一瞬おもってしまいました。

キャッチフレーズも

「楽してモデル脚を手に入れたい」

と書かれていて、それができたら世話入らないね~なんて友達たちと話をしていました。だって、今まで何もしてなかったわけじゃなくて、ヨガに行ったり、ウォーキングしたり、脚を高くして寝たり、いろいろなことをしてきたのに、履いて寝るだけなんて・・・おかしいとおもいませんか?

そこで、その仕組みを少し調べてみましたら、てきとうな理論ではなくて、しっかり科学的な根拠に基づいた商品でした。なので多くのひとがリピートしてたんですね。

まあ、じっさいには理論なんて知らなくても履いて寝てるだけで痩せるっていうんなら、それをやればいいんじゃないかとおもいましたが、チョットだけしらべた仕組みをカンタンにお話しします。

パエンナスリムレギンスは、筋肉芸人の庄司さんが宣伝してる金剛筋シャツと同じ理論でした。一言で言えば加圧シャツのレギンス版で、パエンナスリムレギンスは加圧レギンスということになります。

加圧レギンスって言うとあまり聞いたことがないとおもいますが、医療用でも使われてる弾性ストッキングというとわかりますよね。出産のときに、むくみや血栓症を予防する医療用のストッキングです。

出産や妊娠中には、どうしても下半身のむくみが増えたり、血流がとどこおってしまい、血栓症になってしまいます。それを予防するために、外側から圧力を加えて血液が心臓まで戻るようにするのが弾性ストッキングです。

もっと簡単に言うと、心臓から手足に行くときには心臓がポンプになって押し出してくれますが、手足から帰ってくる時にはそのポンプがふくらはぎなどの筋肉になります。元々筋肉が少ない女性は、その押し返す力が少ないので、血液がかえりにくくなってしまいます。弾性ストッキングはその筋肉をサポートして血液を心臓までおしかえす力をプラスしてくれるんです。

それを応用しているのがパエンナスリムレギンスです。

仕事がら、立ちっぱなし、座りっぱなしの女性は多いです。動いてるひとに比べると、足の先まで行った血液は帰りにくくなってしまいます。それが、むくみと呼ばれるものです。

ふつうは、夜にお風呂にはいってマッサージなどをすることで手足にたまった血液を心臓にかえそうと多くのひとが努力されていますよね。ただ、夜寝てる間は、何もしてないのでそれほど戻ってくるのではないようです。

パエンナスリムレギンスは、弾性ストッキングよりは力が弱いですが、その加圧力で、筋肉をサポートして、夜寝てる間に足の先から血液を押し返してくれます。

なので、朝起きると、溜まっていた血液や余分な水分がなくなっていて、むくみなどが解消されていくといういことです。

ですから、残念ながら脚そのものがすぐに痩せていく訳ではないです。脚にたまった余分な血液、水分、老廃物など血液の流れにのってからだの外に押し出されていくことで、すっきりしたように見えるわけです。

ただ、それは一時的なことではなくて、毎日続けていくことで、今まで溜まりがちだったものが適度に循環していくことで、代謝がアップしていきます。代謝がアップしていくことで、よぶんにたまってる脂肪なども徐々に分解されていくので、長い目で見れば痩せていくということになります。

子供のときには、むくみとか冷え性なんてあまり関係なかったですよね。それだけ代謝が良かったのですが、年齢が上がっていくと、どうしても代謝する力が弱まっていきます。

それはだれでも起きることで仕方がないことです。それを予防するには、食事やサプリ、運動、着圧レギンスなどの力を借りていくことが必要になってきます。それは、モデルさんや女優さんでも同じで、なにもしなければ、あれほどの体型は維持できないんじゃないでしょうか。

ですから、毎日筋トレや運動などをしていくことがとてもたいせつになりますが、仕事があったりしたらできないですし、そもそも時間やそんな気力も残ってないと思います。わたしも家に帰ったら、寝転んでTV見て終りです。

そんな私でもできるのが、パエンナスリムレギンスです。夜寝てる間に履くだけですから、根性とか努力なんて一切必要ないです。たったそれだけのことを毎日繰り返すことで、すこしずつあなたの下半身の代謝はアップしてくはずです。

さらに、パエンナスリムレギンスは、3つの特徴を持っています。

ひとつ目は、独自開発のスリムツボの加圧効果です。脚には誰でも痩せるツボがあります。そのツボを集中してひきしめるように設計されています。

二つ目は、骨盤のゆがみをなおしていくように圧力が加わるように設計されています。毎日の座り方、立ち方、歩き方によって骨盤は歪んできます。そのゆがみが、内臓をおしさげたりして代謝をさげるポイントになっています。毎日履くだけで骨盤のゆがみを少しずつとっていくことが、むくみや代謝を改善していく一歩になります。さらに、ヒップアップの効果も期待することができます。

三つ目は、パエンナスリムレギンスの素材には、ゲルマニウムとチタンがふくまれていて、燃焼効果があります。少しでも体温をあげることで、脂肪を燃焼しやすくしてくれます。

おまけとして、銀もふくまれていますので、消臭効果も期待できます。

やるかやらないかというよりは、履くか履かないかだけです。昼間も普通のストッキングをはく代わりに、パエンナスリムレギンスを履くことで、仕事中とか関係なくあなたの脚の筋肉をサポートしてくれます。

あなたもできることを一つずつやっていくことで、美しくすらりとした若いころの脚を取り戻していきましょう。

洗濯の仕方と耐久性

パエンナスリムレギンスは、ナイロン90%、ポリエステル5%、ポリウレタン5%でできています。

普通のストッキングはナイロン100%のものが多いと思います。パエンナスリムレギンスにふくまれてるポリエステルとポリウレタンは、耐久性のアップとゴムのように引き締めるためにふくまれてる素材です。

ですから、普段の選択と同じように、ネットに入れて洗うことがたいせつです。耐久性に関しても、普通のストッキングとほとんど同じと考えてもらっていいのではないでしょうか。なるべく爪を立てずに、肌荒れをしてる部分があればケアをしなが、パエンナスリムレギンスを履くことが長持ちさコツです。

サイズは選べないの?

パエンナスリムレギンスのサイズは、ワンサイズになります。

  • 身長140cm~172cm
  • 体重35㎏~75㎏まで

ただ、筋肉のつき方とか、脂肪のつき方など、人それぞれですので一度試してみることもたいせつです。

履き方は、「すこしずつゆっくりとていねいに」が基本になります。

  1. ウエスト側から両手でたぐりよせる
  2. 足首から着用
  3. 片足ずつ膝まで履く
  4. 太ももの後ろのお肉をヒップ側に引き上げながらお尻の下まで引き上げる
  5. 股部分をしっかりと合わせる
  6. ウエストのゴム部分を広げながら引き上げる
  7. たるみを整える

はじめは少し時間がかかるかもしれませんが、まいにち履くことで、慣れていくのではないでしょうか。

通販最安値はドコ?

パエンナスリムレギンスをどこで購入したらお得なのか、アマゾン、楽天、公式サイトを調べてみました。

パエンナスリムレギンスは、アマゾンや楽天などの通販サイトでは販売されていませんでした。なので、購入はパエンナスリムレギンスの公式サイトからだけになります。

公式サイトでは、1着が

  • 3,980円(税込、送料800円)

で販売されていました。

ただ、1着だけですと毎日履けないですよね。其れだと効果があるのかどうかよくわからないと思います。そこで、メーカーさんの方で、お得なセット価格で販売されていました。全て送料無料、税込で、

  • 3枚 11,980円(1枚あたり3,990円)
  • 5枚 17,980円(1枚あたり3,596円)
  • 6+1着 23,580円(1枚あたり3,368円)

で購入することができます。

3枚で購入すると、送料分が安くなる感じで、いちばんお得なのは、やはり6着に1着プレゼントという6+1着のセットです。1着当たり3,400円以下で購入することができます。

わたしのおすすめは、まずは3着を買ってみるということです。1着だとわからないし、5着だとちょっとお金が・・・という感じなので、お試し価格として設定されてる3着が一番無難なような気がします。洗濯はたいへんですけどね。逆に、毎日、毎夜履くものですから、7枚をイッキに購入するのもイイかもしれません。

一見すると、高く思われるかもしれません。ただ、同じような着圧ソックスのなかでは、安い方に入るんですよね。有名ブランドの有名モデルがつかってるものなんて、1万円以上するものもありますから。

とはいえ、お金の問題ではないとわたしはおもいます。

お金がもったいないなら、いままでに使ってきたお化粧品や、エステ代、美容室代など、全てがもったいなくなっちゃうと思いませんか?

なんのために、そういったものにお金をつかってきたのかを考えてもらえれば、お金よりも大切なものがあると気づかれるとおもいます。

パエンナスリムレギンスにかぎらず、お化粧やエステなどにお金をかけることで、ステキな男性をゲットしたり、他の人からの見られ方、健康な毎日を得ることができてきたはずです。

それは決してお金を払ったから得られたというものではなくて、あなたがお金をかけたものをつかって、あなたがいろいろと頑張ったので手に入れることができたのではないですか?

やるかやらないかはあなた次第です。あなたの人生をよりよいものにしていくのもあなたです。お金を払えば痩せるなんてものはないです。あなたがやりたいこと、なりたいことにむかって努力していくことで、望むものを手にいれられるはずです。

とはいえ、パエンナスリムレギンスは、掃いて寝るだけで脚をケアしてくれる優れものです。あなたが努力するのは、毎日履くことだけです。

なので、パエンナスリムレギンスは2017年10月に発売されて、すでに15万着以上も売れてるのではないでしょうか。

脚が太いというのは、女性にとっては大切な悩みになります。ダイエットしていくとどうしても大事な胸からなくなっていくとよく聞きますし、太もも、ふくらはぎは痩せにくいといわれてる場所です。

そんな悩みをもってる女子たちに、ツボを刺激したり、骨盤のゆがみを直すサポートをすることで、下半身のむくみをとって代謝をサポートをしてくれるのが、パエンナスリムレギンスです。

やることは、夜に履いて寝るだけです。誰でもできることですので、一日も早くパエンナスリムレギンスをゲットして、プリンと丸い若々しい美尻やスラリとした美脚をとりもどして、あなたの理想のスタイルをキープ していきましょう。

あなたの美しさと若さを取り戻すお手伝いをしてくれるパエンナスリムレギンス、は公式サイトからの購入になりますので、こちらの公式サイトからお申し込みください。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする